1/2

アンスラセンレットF2G(20g|緋色)

¥1,100 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

¥24,200以上のご注文で国内送料が無料になります。

特徴
絹、羊毛、ナイロンを染める染料で、染色手順が1番簡単な粉末の化学染料です。

酸性染料は、鮮やかな色合いが多いです。

酸性染料と含金染料、酸性染料を混色して色合いを表現できます。



染められる素材
絹、羊毛、ナイロンなどの動物繊維



色合い
緋色



形状
粉末



内容量
20g



使い方(染色技法)

 浸し染め
染料を溶かした液に染める素材を入れて、沸騰状態で煮る。
商品画像欄に手順を記載しております。 

 引染・捺染
染料液を素材に塗って、高温の蒸気が充満した蒸器で蒸します。
染色手順は、直接お問い合わせください。



関連商品

染料は、
 20g、50g、100g、500g、1kg
 ※100gあたりの単価は、内容量が多いと安くなります。
も販売しております。



当サイトで購入可能です。
染料
 https://dyeingtoolshop.mikisenryouten.co.jp/search?q=アンスラセンレットF2G





#aciddye

商品をアプリでお気に入り

使用量の目安

染料20gで、400gの素材を濃い色(5%o.w.f)に染められます。
染料50gで、1000gの素材を濃い色(5%o.w.f)に染められます。
染料100gで、2000gの素材を濃い色(5%o.w.f)に染められます。
染料500gで、10㎏の素材を濃い色(5%o.w.f)に染められます。



染料の使用量は、染める素材の重さに対して、
 1%以下が、薄色。
 1-3%が、中間色
 3-5%が、濃色
になります。

染める素材の種類によって、染料の使用量を調整することによって色の濃淡を調整してください。

染料20gに対して、必要な材料の目安

 染料:アンスラセンレットF2G
 酢酸:100g
 シルクフィックス3A:100g
が必要です。


酢酸 100g|染料の吸収促進剤
https://dyeingtoolshop.mikisenryouten.co.jp/items/33782594

シルクフィックス3A 100g|染料の定着向上剤
https://dyeingtoolshop.mikisenryouten.co.jp/items/33782599



補助薬品
アゾリン 200%(ムラ染めをしづらくする。)を染色時に使用する場合もございます。
https://dyeingtoolshop.mikisenryouten.co.jp/items/59131961

参考サイト

実際に直接染料で染めてみる
http://www.mikisenryouten.co.jp/beginner/experience/dye_direct.html

綿の染色手順ですが、酸性染料の場合も材料を変えるだけで同じ作業工程です。



他の含金染料(落ち着いた色合い)
http://www.mikisenryouten.co.jp/goods/dyestuff/color/gankin-color.html

他の酸性染料(鮮やかな色合い)
http://www.mikisenryouten.co.jp/goods/dyestuff/color/acid-color.html

注意事項

既製品の場合は、織りの関係で濃色に染められない場合もございます。

市販の衣類と同じ性質で染めた素材は直射日光、蛍光灯に長期間あて続けると色褪せします。

湿気を吸収して固形かする染料もあるため、湿気の少ない風通しの良い場所で保管してください。

染め直しについて

混紡繊維の場合
シミや部分的に脱色した衣類
の染め直しは100%納得のいく仕上がりになるとは言えません。


理由としては、
染色は、繊維に適した染料と染色条件で染める必要があります。
生地だけではなく、縫い糸も含めて染め直しを検討する必要があります。


一般家庭では染められない、化学繊維のポリエステル、アクリルが含まれている場合は染め直しは弊社ではお勧めしておりません。

繊維に適した染料を使用していない場合は、染料を吸収するだけで定着せずに洗うごとに色落ちします。

同じ染料でも繊維の種類や状態によって、仕上がりに色合いの濃淡がでる場合もあります。

  • レビュー

    (23)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,100 税込

染料液による汚染に注意してください。

染料は、着色するために製造されており、脱色するために製造はされておりません。

そのため、床などの建材に付着した場合は色素を取り除くことはできません。染料液の取り扱いにはご注意ください。
特に、竹を染める染料は着色力が強いため様々な素材に色素が付着しやすいです。

次亜塩素酸ソーダ(ハイター)等で脱色される場合も稀にあります。
シンクなどは、クレンザーで研磨するのをお勧めします。

取扱商品の販売

取扱商品の販売は、個人・企業、問わず、メール、FAX、電話でも、ご注文を承っております。
ただし、
現金決済のみの販売対応、一部商品(セット販売等)はオンライショップ限定になります。

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品
          CATEGORY